2019年度第2期「人を大切にする経営大学院事業(経営人財塾)」開催のご案内

「人を大切にする経営学会」では、2018年度に「人を大切にする経営大学院事業(経営人財塾)」を開塾いたしましたが、2019年度も引き続き開催することとしました。

 

つきましては、次のとおり受講者の募集を開始いたします。

 

  

 

募集期間:2019年1月7日まで

 

受講を希望する方は塾希望者は「履歴書」「職務経歴書」(市販のもの)、と「入塾願書」の3種類を添え、

2019年1月7(月)までに学会事務局に郵送またはご持参ください(当日消印有効)

 

 


入塾願書

入塾願書
入塾願書
【別紙】入塾願書 .pdf
PDFファイル 64.6 KB

カリキュラム

2019年度第2期大学院事業カリキュラム
2019年度第2期大学院事業カリキュラム
2019年度第2期大学院事業カリキュラム.pdf
PDFファイル 122.7 KB

開催趣旨

企業経営の最大の目的・使命は、関わる人々の幸せの追求・実現です。業績は大切ですが、それは、目的を追求・実現するための手段に過ぎません。ですから、手段を目的と勘違いした経営を進めると、人は業績実現のための手段になってしまいます。こうした経営が、社員をはじめとする関係者の支持を集めることができるはずはありません。過去、現在を問わず、消え去った企業や、好不況の度、業績が大きくアップダウンをする企業の大半は、ここにこそ問題の本質があるのです。 

 

事実、業績や勝ち負けではなく、関係する人々をトコトン大切する経営を、ぶれずに実践している企業の業績は、例外なく高くなっています。また人をトコトン大切にする経営を愚直一途に実践している企業は、社員の働きがいやモチベーションも高いばかりか、離職者もほとんどいません。 

 

加えて言えば、こうした企業においては、企業内にお互い様風土が形成され、企業内はまるで家族のような温もりが感じられる、といった特長があります。 

 

しかしながら、現在、わが国にはこうした業績や勝ち負けではなく「人を大切にする経営学」「経営のあり方とやり方」について、実務と理論を織り交ぜながら、体系的に教え・学べる経営大学院(ビジネススクール等)が、ほとんど存在していません。 

 

こうしたこともあり「人を大切にする経営学会」では、2018 年度に「人を大切にする経営大学院事業(経営人財塾)」を開塾しましたが、要望が強く 2019 年度も引き続き、開催することとしました。 

奮ってご参加ください。  

 

人を大切にする経営学会 

人を大切にする経営人財塾 塾長 

会長 坂本光司 

 

本大学院事業の特徴

(1)毎月1回、原則として第二週の金曜日の午後と、土曜日の午前と午後、連続して3回の講義を開催するので、集中して学ぶことができ、又遠隔地からでも通学が可能です 

 

(2)開催場所は主として都内で通いやすいところを設定しております 

 

(3)講義は評価高い著名な現役経営者による「実践経営学」と、研究者や弁護士・公認会計士・経営コンサルタント等による「経営学講義」、そして塾長が年間通して担当する「中小企業経営事例研究」及び「演習(ゼミ)」の 3 本立てで、理論面と実務面から、正しい経営学を広くかつ深く学ぶことができます 

 

(4)「中小企業経営事例研究」及び「演習(ゼミ)」は、土曜日に以下のとおり開催されます 

 

①塾長からの講義や最新情報の提供をします 

②毎回 30 社から 50 社の全国各地のいい企業を解説し、それら企業についての、グループ研究及び、次回においてグループ研究発表をします 

③全塾生が全体研究テーマについての調査を行い、その成果を本として出版をします。ちなみに、2018年度は「この会社はなぜ社員の子供の数が多いのか」をテーマに、全国各地の子宝企業を手分けし現地調査し、2019 年 3 月に出版予定です 

④土曜日の講義は、塾生の要望・意見を踏まえ、学会役員等を招聘し講義をしていただきます 

⑤塾の開催日以外に、希望者を募り塾長に同行しての現地企業研究があります 

⑥塾生全員が参加しての夏期現地企業研究合宿(原則1泊2日、オプション1日)があります 

ちなみに 2018 年度は北陸の企業を計10社訪問研究しました 

 

(5)経営人財塾で研究し学ぶ国内外の「いい企業」は年間、約30回の講義や夏期合宿(原則1泊2日)

さらには特別企業研究等を通じ 500 社以上になります 

 

(6)年度末の3月には、1年間の学びの成果を「プロジェクト研究発表」として、講師や他の塾生の前で発表をしていただきます 

 

(7)所定の単位(出席率や発表等)を修得した塾生には、学会長から「学会 EMBA」を授与する予定です

(除く、やむを得ない場合を除いた出席率が8割以上)

※EMBAとはExecutive MBAの略です 

 

(8)修了後はOB・OG 会を組織し、継続して学べるチャンスを用意します

 

 

開講スケジュール・講師等

(1)開講期間2019年4月から2020年3月 

(2)開講日  別添カリキュラム毎月2日間(金曜日と土曜日の2日連続コマ)

(3)開講時間 金曜日が13時30分から17時40分

      土曜日は9時30分から12時30分、13時30分から17時

(4)講師等の都合により、別の開催日に変更することがあります

 

 

募集人員

30名程度 

 

 

入塾対象者

(1)人を大切にする経営を志向する国内外の中堅企業・中小企業等の経営者・後継者・幹部社員・中堅社員・起業家

(2)人を大切にする経営を企業に導入・普及させたい専門家(弁護士、弁理士、公認会計士、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士、司法書士、各種経営コンサルタント、医師等医療や福祉機関関係者、産業支援機関担当者等) 

 

開催場所

原則として、東京駅丸の内北口前「新丸ビル」14 階の「パソナキャリア」の研修室です。 都合により別の開催場所に変更する場合もあります。 

 

 

受講料

(1)人を大切にする経営学会員は、参加者 1 名当たり60万円(税別)です(除く夏の合宿経費、毎月有志での企業研究経費、懇親会経費) 

(2)学会員以外は、1名当たり70万円(税別)です(除く同上経費)

(3)入塾者は面接試験結果の通知後、1カ月以内に指定の口座にお振り込みください(二回払いも可)

 

 

入塾希望者

(1)入塾希望者は「履歴書」「職務経歴書」(市販のもの)、と「入塾願書」の3種類を添え、

2019年1月7(月)までに学会事務局に郵送またはご持参ください(当日消印有効)

(2)「入塾願書」は、「A4」1 枚程度に、 

・入塾の動機 

・特に学び研究したいテーマ等

についてご記入ください。(別紙「2019年度第2期『人を大切にする経営大学院事業(経営人財塾)』入学願書」) 

 

 

面接日

(1)入塾希望者には 1月から2月にかけ「大学院事業企画運営委員会」の委員による 30分程度の個別面接をします 

(2)面接日は、入塾希望者と調整のうえ決定します。なお面接結果は1週間以内に書面で連絡します 

 

 

塾長等

(1)経営人財塾の塾長は学会会長である坂本光司(元法政大学大学院教授)が、副塾長は学会副会長である近藤宣之氏(株式会社日本レーザー会長)、西浦道明氏(アタックスグループ代表パートナー)、竹内利明氏(電気通信大学客員教授)が務めます 

(2)毎回複数の経営専門家をコーディネーターとして配置し活動を支援します 

 

 

入塾願書

入塾願書
入塾願書
【別紙】入塾願書 .pdf
PDFファイル 64.6 KB

カリキュラム

2019年度第2期大学院事業カリキュラム
2019年度第2期大学院事業カリキュラム
2019年度第2期大学院事業カリキュラム.pdf
PDFファイル 122.7 KB

お問い合わせ

人を大切にする経営学会事務局 

TEL:03-6261-4222 FAX:03-6261-4223 

mail:info@htk-gakkai.org 

担当:水川・齋籐 

 

締切日:2019年1月7日(月)