人を幸せにする経営

言葉にすることは簡単ですが、実践するのはとても難しいことです。本賞における「人」とは、1従業員とその家族、2外注先・仕入先、3顧客、4地域社会、5株主の5者を指します。人を幸せにしていれば結果的に業績も上がるはずです。そんな大切な会社を1社でも増やしたいという思いで顕彰制度がスタートしました。
東日本大震災からの復興やデフレ経済の脱却に向けても、ますます本賞の重要性が高まってくることでしょう。

第8回 日本でいちばん大切にしたい会社大賞


応募資格

    過去5年以上にわたって、以下の6つの条件に全て該当していること
  • 希望退職者の募集など人員整理(リストラ)をしていない
  • 仕入先や協力企業に対し一方的なコストダウン等していない
  • 重大な労働災害等を発生させていない
  • 障がい者雇用は法定雇用率以上である
  • 常勤雇用43.5人以下の企業で障がい者を雇用していない場合は、障がい者就労施設等からの物品やサービス購入等、雇用に準ずる取り組みがあること
    本人の希望等で、障がい者手帳の発行を受けていない場合は実質で判断する
  • 営業利益・経常利益ともに黒字(除くNPO法人・社会福祉法人・教育機関等)である
  • 下請代金支払い遅延防止法など法令違反をしていない

NEWS rss